前へ
次へ

法律の基礎に触れている可能性もある

法律には基礎があり、法のあり方を考えさせられる出来事も、一般の私たちにもあるはずです。
泣き寝入りはしたくない、しかし「目には目を」という同害復讐の原理は使いたくはないものです。
法の下でなくとも、人は生まれながらにして平等です。
ただし、男女の平等の実現の課題は残されています。
ですが、希望の光りは射し込まれ、裁判員制度における裁判員の半数は女性が参加できます。
母として、あるいは娘や女性の立場から、司法の場で意見が言える時代の到来ではないでしょうか。
また、司法という言葉が出ましたが、刑法や刑事裁判などがテレビなどのメディアを通じて、社会的問題として取り上げられています。
女性に対する暴力や暴言の撤廃を宣言して欲しいですし、女性に限ってではなく、ストーカー規制法における行為も罰せられます。
恋愛は自由ですが、好意感情が満たされないこともあるのです。
私たちは何かしらの法に触れている可能性があります。
十分に知識を得ることが必要かもしれません。

Page Top