前へ
次へ

誰でも受けることができる行政書士の資格

法律に関連する資格に行政書士があります。
行政書士とは官公署に提出しなければならない書類を代行して作成するための専門職です。
依頼を受けて書類を作成し、報酬を得ていく職業です。
行政書士は国家資格を取得しなければ、職業として働くことはできません。
その資格も難易度は高く、毎年の合格率は一桁となっています。
しかし受験資格はありません。
誰でも試験を受けることができます。
未成年でも可能です。
もし未成年で、試験に合格することができれば、成人になってから行政書士として活動することができるようになります。
合格率は低く難易度の高い資格となりますが、取得することができれば強い資格となります。
最近では女性の行政書士も増えてくるようになり、なかなか相談しにくい内容も女性の行政書士なら相談しやすいという人も出てきています。
何歳でも受験することができるのであれば、毎年受けることができ、同時に法律のこともしっかり知ることができるようになるので、生活の役に立つ知識を身に着けることができます。

Page Top